« 京セラ ファイナル 210730 | トップページ | ごはーん »

一つやよね。

さっき書いた
“ひとつのうた”
がアンコ一発目やったんやけど、本編最後の曲、ローリングコースターの前に横ちょの挨拶があって…

長野でのご飯の時、正直言い合いの喧嘩になったって。
でもそれはメンバー1人1人がeightの事を大切に思ってて真剣に考えてるし好きやからやって。


なんか本当に良い仲間だなぁって思った。

喧嘩しない事に越したことはナイのかもしれんけど、こんな言い合いならいくらでもしてほしいと思う。


だって、長野以降またまた結束が強まって、みんなが最高に笑えてるって。


最強すぎるやんconfident


そんなこんなで目はウルウルの状態でローリングコースター。



眉間にシワを寄せながらも最高な顔で唄うすばちゃん。
終盤、赤鼻のトナカイくんじゃないけど、ほわぁっと赤くなるすばちゃんの顔…

すばちゃん…泣いてる。


いつもあの時は、汗なのか涙なのかなんてわからない位、汗びっしょりやから、気づいてない人も結構いたみたいやけど、あたしも完全に泣いてると思ったよ。


とっても良い涙



だからこその、その後の笑顔。
やわらかくて優しい、あったかい笑顔。


忘れない。



だからその後の
“ひとつのうた”
で泣いてしまってんな~あたしも(笑)




ちゃんとした歌詞は載せれないから完結にゆぅと、

ここにある熱いものが
似ているから惹かれる
きっとそう。




みたいな~(若干順番変えただけsign02笑)


あたし達『熱』を結構重視して、『熱さ』についての話するから、なんかいろいろ想うことがあったのです。


ほんまに“同じ熱”を持った人が好きやし、惹かれるなぁ。


すばちゃんが手を伸ばしながらの
“この景色が宝物”

も良かったなぁ。



“8じゃなく∞の意味を教わるLIVE”




ありがとう。




ありがとう。




ありがとう。



あたしはeightを好きになってよかった。

eightを好きになった全てのeighterさんにそぉ思ってほしいと思う。


きれいごと…かもね。


でもeightは、本当にeighterの事一番に考えてくれてるよ。


だからあたしは一生ついてくんだconfident

|

« 京セラ ファイナル 210730 | トップページ | ごはーん »

LIVE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1040144/30779759

この記事へのトラックバック一覧です: 一つやよね。:

« 京セラ ファイナル 210730 | トップページ | ごはーん »